T's home / 津野建設株式会社は、お客様が本当に「住みたい」と願う家を建てるためにデザインから設計・施工・監理まで一貫しておこなっております。

構造体
私たちT's home / 津野建設株式会社は、デザインや価格、素材にこだわった住まいづくりを展開しています。しかし、それらは二の次、最も自信を持っているのは住宅としての基本性能、すなわち、「地震や台風・火災といった災害に強く、安心して長くお住みいただける住まいづくり」 にほかなりません。
住宅にとって何よりも大切なことは安全性・快適性です。デザインや価格を追求した結果、安全性・快適性が損なってしまうのなら何の意味もありません。
私たちは、安全性・快適性とデザイン・価格のバランスをとりながら、お客様のニーズを限りなく実現するため、高温多湿な新潟の気候・風土に最適な「木」の住まいづくりを実践しています。そして、お客様が本当に「住みたい」と願う家を建てるためにデザインから設計・施工・監理まで一貫しておこなっております。

> T's home / 津野建設株式会社へのお問い合わせはこちら
構造体
木造軸組工法
木造軸組工法 木造軸組工法(在来工法)は、日本で昔から作られてきた柱や梁などの軸で支える工法のことで、日本の気候・風土に最適な工法として、大工たちの手で、今日まで連綿と受け継がれています。柱や梁など木の骨格によって家を支える木造軸組工法は、耐久性・安全性にすぐれ、地震や災害に強く、さらに住む人の自由な設計プランを可能にするなど、多くの特長があります。
欠点としては、仕上がりが大工の腕に大きく左右されてしまうということがたびたび挙げられますが、津野建設では、十分な経験を積んだ職人による丁寧な住まいづくりを徹底して行っているためご安心いただけます。
また、当社は金物接合工法にも対応しております。金物接合工法は、従来の仕口加工に比べ、木材の加工仕口の断面欠損が少なく、耐震性能に優れた工法です。柱、梁、桁に集成材を使用するという欠点はありますが、お客様のニーズに合わせた住まいづくりを心がけています。
基礎
T's home / 津野建設株式会社が採用している基礎には、布基礎とベタ基礎の2種類があります。また、それぞれの基礎ごとに、地質や地盤の状況に応じて形状にバリエーションが加わります。
ベタ基礎は、構造的にも強く、不同沈下に対して効果的で、防湿にも有効ですが、超軟弱地盤には自重で沈下する恐れがあり不適当です。対して布基礎は、工事費が安く、工事期間が短いのが特徴ですが、不同沈下に対して弱く、構造的にも不安定になってしまいます。
住宅の基礎は建物の強度や耐震性に大きく影響を及ぼします。住宅建築の計画をするときは、まず地盤調査を行って地耐力と地質を確認し、その上で基礎形状を決定します。布基礎とベタ基礎では、どちらがより強度が強いとか、耐震性能が高いということではなく、計画地の地盤にどちらがより適しているかということが重要なのです。
ベタ基礎
PAGE TOP